スポンサードリンク

ZOZOTOWNのツケ払い。元マルイ養分の僕が消費者心理について語ってみる。

f:id:clock-969-clock:20170410202022p:plain

 

 ども、くろっくです。

 TwitterではZOZOTOWNのツケ払いが話題になってるみたいですね。

 

blog.mtrl.tokyo

 

限度額は5万程度と控えめ。
それでも支払いに青息吐息があがってるようです。

 

 端的に言うと・・・

支払い能力が無いのにもかかわらず、身の丈に合わない消費をやらかす。
2か月後にツケが回ってくるのだが、そこはあえて考えない。
 

 

まあ完全に情弱です。

 

 でも気持ちは分かる。
僕自身が昔そうだったんですよ。

ツケ払いを利用してしまう心理は痛いほど理解できます

てか、昔の僕なら超音速でツケMAXにするでしょう。

 

 もう少し詳しく見ていきましょう。 

 

ツケ払いの本質とは

suzukisanchi.com

こちらの記事が非常に分かり易いです。

やはり、現金で買えない人やクレジットカード審査が通らない人をターゲットにしてるようです。

支払い能力の無い人に借金を背負わせて買い物させる、という手口ですね。

おそらくは、18~22歳の学生がほとんどでしょう。

 

まあでも買っちゃうよな~。
だってZOZOじゃないと買えないんだから。

 

いつの時代も若い人は刹那主義

・ツケではなく、たくさんの手数料を支払ってたった二ヶ月だけ待ってもらえているだけですね。
・「ツケ払い」って、いわば「損失の先送り」なわけですね。
「失うのはいやだ、できるだけ後に回したい」という本能につけ込むのが、この「ツケ払い」というサービスです。どーせ失うのにも関わらず、ですが、本能に近いものなので対抗できません。

鈴木ずかん様の引用です。

本当にこの通りなんですよね。

 

ただ買ってる側も、認識してないわけじゃない。
うすうす気付いてるんですよ。
気付いてはいるものの見て見ぬふりをするわけです。

 

僕なんて若い時は究極のカモでした。

なので後先考えずに浪費する気持ちは分かります。

 

元マルイ養分の僕が当時を振り返ろう

昔、マルイの赤いカードなんてのがありました。

僕なんて骨の髄までむしり取られましたよ。ホントに。

 

僕はこれを魔法のカードと名付けていました。

なんでかって、何も苦労しないで好きな服が手に入るからです

 

「 いやいやいや、お前は何を言ってるんだ?」
「後々に返済しなきゃいけないんだから『苦労しない』の意味が分からん。」

普通の人はこんな風に思うでしょう。

 

 でも、大袈裟でもなんでもないんですよ。ホントに。

心理としては・・・
「2か月後の自分よ、任せたぞ!」

コレなんですよ。 

 

今の自分と未来の自分は別人

何も苦労しないで好きな服が手に入る。

この「何も苦労しない」。

結局のところ、未来の自分が困ります。
でも今の自分は困らない。

 

今の自分は困らない・・・
そんなら「何も苦労しないで~」と一緒や!、と思っちゃうんですよw

 

そして、何も苦労せずに高い服が手に入る。
これが究極的な快感だったわけです。

 

というか、 今の自分と2か月の自分は別人という発想なんですね。 

手数料だとか利息だとか知ったこっちゃない!

 

もしかすると、理解不能かもしれません。

でも言うほど奇天烈な考えではない。

 

 だって、老後の事なんて考えても意味無いでしょ。

これ、「32歳の自分と65歳の自分は別人」の延長だと思うんですよ 

 

果たして刹那主義は悪なのか?

ZOZOツケ払いの何が問題かって・・・

・単なる浪費である
・身の丈に合わない金の使い方
・無意味な借金
・そもそも借金と認識していない

なので、本気で「ZOZOのあの服が欲しい」と心の底から思っている人は問題ではない。
投資かどうかは置いといて、少なくとも浪費ではない。そして意味のある借金です。

 

しかし、大半は違う。これが問題。

 

正直そこまで欲しい服ではないんだが、苦労せずに買えてしまう。

だから服が目的ではなくて、浪費する快楽が目的になっている。これが良くない。

 

 

簡単に言うと、刹那主義にも限度ってのがあるだろ!ってこと。

 

では、刹那主義そのものが悪なのか?

こう聞かれると違うと思う。

 

老後とかAmazon即ポチと混同してはいけない

 繰り返しますが、
「浪費が目的になってる」
「支払い能力が無いのにポチりまくる」

ZOZOの場合は、上2点が問題なのです。

 

刹那主義が悪いというわけじゃない。

むしろ後先考えないのはアグレッシブで良いことです。

 

例えば老後。

僕は32歳なんだけど、65歳の未来なんて知ったこっちゃないですからね。

今現在に金をガンガン使うべきです。

 

あとAmazon即ポチ。

ZOZOと一緒に扱ってはいけない。
まったく別物。天地に違う。

Amazon...(基本)先払い・(基本は)投資
ZOZO...後払いのツケ・(基本は)浪費

全然違います。
ここを十把一絡げにしてはいけない。

欲しいものがあるなら我慢などせずに買ったほうが良い!

 

まあAmazonで浪費してる人もいるかもしれないんだが、少なくともKindle本は投資ですよね。

もし浪費だとしても支払い能力が万全なわけなので、決定的に違います。

 

www.clock-969-clock.com

 

まとめ

ZOZOのツケ払いで散財するのは基本良くない!

ただし問題なのは、
・目的が浪費という快楽である
・支払い能力を無視した「度を越えた刹那主義」

この2点だけです。

 

「我慢こそが美徳だ!」だとか「後先考えないのは良くない!」だとか。

 

全然違います。

ここを混同して履き違えないようにすべきだと思います。

 

やっぱし刹那主義こそが最高!

 

 

では、ここらへんで。 

 

 

スポンサードリンク