スポンサードリンク

ホテル生活4年目!2020年の宿泊費を公開!コロナやgotoで総費用はいくらになったのか?

スポンサードリンク

 

f:id:clock-969-clock:20210208182836p:plain


 

ども、くろっくです。

僕は365日をホテルで生活しています。
このホテル暮らしは今年で5年目となります。(2017年1月から開始)

さて今回は2020年のホテル宿泊費の発表です。

2020年は新型コロナやgotoトラベルがありました。
その影響でホテルの宿泊費は大幅に安くなりました。

さて1年の宿泊費はどうなったのか?
さっそく御覧ください。

 

スポンサードリンク 
 

2020年・ホテル宿泊費

1月 166,930
2月 147,050
3月 163,240
4月 166,570
5月 136,420
6月 81,030
7月 112,040
8月 121,210
9月 112,390
10月 (実質)62,130
11月 (実質)73,290
12月 (実質)83,560

ちなみに(実質)というのはgotoの地域クーポン地域食事券の扱いです。
例えば10月は「宿泊費100130円ー地域クーポン28000円ー食事券10000円」でした。
地域ク&食事券を現金として扱うと「10月宿泊費は(実質)62130円である」となります。

2020年総合 (実質)1,425,860
1か月平均 118,822
1日平均 3,896

月平均118,822円です。
そして半分近くは朝食や無料コーヒーも付いてきます。
そこを考慮すると「宿泊費用は賃貸とほぼ変わらない」と言い切っても良いでしょう。

 

ちなみに過去3年の宿泊費を見ると....

2017年 136,890円/月
2018年 158,840円/月
2019年 177,385円/月
2020年 118,822円/月

例年と比較してみると「2020年は非常に安く済んだ」と言えますね。

 

【2017年の宿泊費の詳細はコチラ】

【2018年の宿泊費の詳細はコチラ】

【2019年の宿泊費の詳細はコチラ】

 

テルチェーン別の振り分け

ホテル名 泊数 1日平均 年間支払
スーパーホテル 180泊 3,423円 616,180円
マイステイズ 107泊 5,165円 552,610円
アパホテル 22泊 2,334円 51,340円
コンフォート
ホテル
17泊 2,485円 42,240円
リブマックス 10泊 3,452円 34,520円
国内の
その他ホテル
30泊 4,299円 128,970円

2020年は断トツでスーパーホテルでした。
なんだかんだと1年の約半分を過ごさせてもらいました。

次点でマイステイズ。この系列は「部屋が広い」というのが売りになってます。
コロナやgotoなどで宿泊費も安くなったために「せっかくなので広い部屋を多用しよう」と107泊しました。

アパホテルは5~6月の1泊2500円セールの時に泊まりました。

 

ここで過去3年のホテルチェーン別の滞在泊数を見て行きましょう。

  2019 2018 2017
コンフォ
ホテル
97泊
1日/5,387円
15泊
1日/6,820円
92泊
1日/4,064円
東横
イン
35泊
1日/4,352円
10泊
1日/4,276円
101泊
1日/4,020円
スーパー
ホテル
11泊
1日/4,854円
2泊
1日/7,100円
93泊
1日/4,893円
ドーミー
イン
8泊
1日/4,535円
81泊
1日/4,587円
7泊
1日/4,020円
アパ
ホテル
2泊
1日/4,900円
9泊
1日/3,096円
40泊
1日/4,887円
リブ
マックス
33泊
1日/4,176円
0泊 0泊
賃貸
マンスリ
0泊 97泊
1日/3,639円
0泊
他(国内) 104泊
1日/6,991円
54泊
1日/5,819円
18泊
1日/6,041円
他 (海外) 75泊
1日/6,525円
97泊
1日/7,013円
0泊

ここに2020年を足すと....

1位 スーパーホテル(286泊)
2位 コンフォートホテル(221泊)
3位 東横イン(146泊)

逆転でスーパーホテルが滞在1位となっております!(暫定)

 

スポンサードリンク

 

3~5月はコロナパニック
緊急事態下は32㎡の部屋で過ごしました

2020年といえばやはりコロナです。
3月下旬から5月上旬までは人が街から消えましたね。

この間はホテルの値段も大幅に下がりました。
1泊3000円前後のホテルも出現してました。

しかし僕はあえて32㎡の広く高い部屋に泊まりました。

当分の間をホテルで籠るということは生活の95%以上をホテルの部屋で過ごすということです。
となると「相対的に高かったとしても広くて快適な部屋を選んだほうが良い」と考えました。

そこで選んだのがホテルマイステイズプレミア金沢の32㎡のスタンダードキングです。

3/24~5/18の計55泊を過ごしました。
お値段は合計で312,290円で1泊平均5,678円です。

このマイステイズ金沢は本当に素晴らしいホテルです!
約2か月の引き籠り生活をとても快適に過ごさせていただきました!

ここは何と言っても部屋がとにかく広い!(最低で32㎡)
そして豪華さのわりには値段がさほど高くありません。
下のリンクから部屋を見ていただくと分かるでしょう。

金沢に行く時はマイステイズプレミア金沢を利用することを強くお薦めします!


 

 

gotoトラベルは本当にお得だった!

次にgotoトラベルです。

宿泊費が35%割引になるだけでなく地域クーポンまで付いてきます。
こんなに安くて良いの?と申し訳なくなるレベルでお得です。

僕の場合は10月からgotoの対象になりました。
この間は主にスーパーホテルで過ごしました。

ところでスーパーホテルには食事券5000円付きプランというものがあります。

例えば平時で5500円の部屋とします。
この場合5000円の食事券が付くので宿泊料金は10500円になります。

重要なのは、この食事券の5000円も35%割引の対象になること。
それだけでなく、地域クーポンもさらに1000円お得になるのです!

【普通に5500円で泊まる場合】
・料金=3575円
・地域クーポン=1000円
・実質で1泊2575円
【食事券付きで10500円で泊まる場合】
・料金=6825円
地域クーポン=2000円
・食事券=5000円
実質で1泊△175円

ちなみに地域クーポンは「基本的には15%還元」「ただし百円単位は四捨五入とする」というやり方です。

正規料金が5500円ならば。
15%は825円。四捨五入すると地域クーポンは1000円貰えます。

これが食事券付きの10500円なら。
15%は1575円。四捨五入すると地域クーポンは2000円貰えちゃうわけですね。

 

なので5500円+食事券5000円の場合であれば。
「6825円払って7000円のクーポンが貰える」ということなので、
理論上は「ホテルに泊まってるのにプラスになる!」となります。

ただし食事券5000円というのは現金5000円の価値と等しいわけではありません。

食事券が使える店舗数は8~10店舗程度と狭いです。そして使用期限の問題もある。
何よりも「お高い食事を強引にとってしまう」という展開になる。この行為そのものがマイナスともいえる。

分かりやすく言うと「普段ならカレーやラーメンで安く済ませてるのに食事券付きプランを買ったがために強引にすき焼きや寿司に行ってしまう」という現象が起こるわけですね。

 

まあ純粋に2泊ぐらいの観光で来てるのならば食事券付きプランは効果的です。
せっかく来たならご当地の高い店に行ってエンジョイしたほうが良いですからね。

しかし僕のように数週単位で滞在してるとなると食事券付きプランの効果は薄くなります。
長くいるのでご当地の店は食べ尽くしてるわけです。とすると強引に高い店に行く意義が弱くなってしまいます。

まあ3泊分だけ5000円食事券付きプランを買いました。
しかしそれ以上は意味が弱くなるので通常プランで泊まりました。

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク