スポンサードリンク

チェンマイで豪勢に外こもるなら「Kannnas Seviced Apartment」がオススメ【海外ホテル】

スポンサードリンク

 

 

ども、くろっくです。

今回は、チェンマイの優良ホテルを紹介したいと思います。

ホテル名は、 Kannas Serviced Apartmentです。 

 

www.booking.com

 

 

僕はここに11泊しました。非常に良いホテルでした。

自信をもってオススメします。

 

 

料金&地図

1泊料金
=1,350B(約4,660円)

 

スポンサードリンク

 

 

メリットとデメリット

まず建物外観とか部屋の写真を見せる前に・・・

「とにかく快適に外こもりたい!」
「多めに金を払っても良い!でも安いに越したことはない!」

という人に向けた記事であることを強調しておきます。

 

メリット

・快適に外こもれる
・立地的に落ち着いた場所で観光客も少ないので、静かな別荘感覚で外こもれる
・部屋から4分にスポーツジムがある

 

デメリット

・1泊4,660円とチェンマイ基準では割高
・中心地からは若干遠い

 

ハッキリ言って、チェンマイの物価を考えると割高です。

安さを求めるのなら、他にもっとあります。
「とにかく安く外こもりたい!」という人は、最初からホステルにでも行ってください。

ただし僕としては、「1泊4,660円でこれほど快適に過ごせるのならば超お得じゃないか!」と思っています。
日本や他の国でこの質のホテルに泊まるとすると、いったい1泊いくらになるのか?という話です。

チェンマイ物価のモノサシではなく世界基準のモノサシならば・・・コスパ的には最高であると自信をもって僕が保証します。

 

もう1つのデメリットは、中心地からは距離があることです。

旧市街やチャンクラン通り(歓楽街)までの距離は・・・たぶん自転車で20分以上かかります。

とはいえ、ニマン地区(ショッピング街)までは自転車で7分or徒歩15分です。

まあ外こもりメインならば、頑張ればニマン地区までの距離をフォローできるんだから大して問題無いでしょう。

ただし、観光メインや短期滞在ならば不利です。
そういう人は、ニマン近辺かチャンクラン近辺に宿をとることをオススメします。

 

外観&部屋

前置きが長くなってしまいしたが、外観や部屋の中を見て行きましょう。

 

建物外観


f:id:clock-969-clock:20180517020303j:image
f:id:clock-969-clock:20180517020457j:image
f:id:clock-969-clock:20180517020535j:image
f:id:clock-969-clock:20180517020314j:image

部屋の中


f:id:clock-969-clock:20180517015714j:image
f:id:clock-969-clock:20180517015722j:image

けっこう広いです。
非常に快適に時を過ごせます。

 

 自分なりにカスタマイズしてみます。

 
f:id:clock-969-clock:20180517015854j:image

予備用の枕で囲いました。
ソファの角に寄りかかれます。盤石の体勢です。

 


f:id:clock-969-clock:20180517015942j:image

デスクをソファ前に移したらカスタマイズ完了。

気が向いたら普通の椅子でパソコンをいじり、気が向いたらソファでゆったりします。

 

スポンサードリンク

 

 周辺の施設が充実

 このホテルを推す理由としては、部屋が良いだけではありません。

部屋から出てすぐにコンビニやらカフェやらスポーツジムやらがあるのが利点です。

 

徒歩1分にはコンビニ&Mobike

まず、徒歩1分にコンビニがあります。(もちろん24時間営業)


f:id:clock-969-clock:20180517015531j:image

 

コンビニの隣にはMobike(レンタサイクル)。


f:id:clock-969-clock:20180517021527j:image

 

SMS認証を要するので必ず日本にいるうちにMobike登録しときましょう。現地では登録できないです。

もしここでレンタルできなければ、ニマンの自転車屋に行き長期で借りましょう。

 

徒歩10秒のフレンチ風タイ料理カフェが美味い!

徒歩10秒にはカフェがあります。

 
f:id:clock-969-clock:20180517020752j:image

 
f:id:clock-969-clock:20180517020945j:image

 

朝食は各99Bです。

タイ料理×フレンチという感じ。


f:id:clock-969-clock:20180517020955j:image
f:id:clock-969-clock:20180517021005j:image

贔屓目を抜きにして、メチャメチャ美味しいです!
非常にレベルの高い料理だと思います。

2種+コーヒーだと、99+99+30=228B(790円)くらい。

タイの食事物価を考えると割高なほうではありますが、普通にコスパで考えれば超割安だと思います。

 

あと他にも、徒歩20秒にタイ料理屋もあります。

 

大型スポーツジムが徒歩3分or自転車4分に

 このホテルの最も重要なポイント。

それは、徒歩3分or自転車4分に「go gym」という大型スポーツジムがあることです。

 

f:id:clock-969-clock:20180508162334j:plain

 

「go gym」に関しての詳細は、以下の記事をご覧ください。

www.clock-969-clock.com

 

 

ちょっと待て!

「徒歩3分or自転車4分」って何やねん!矛盾してるやろ!

こう思うでしょう。

 

というのも・・・

 

f:id:clock-969-clock:20180517025919p:plain

距離だけで言えば100mなんです。

しかしこの間にある道路というのが通行量が非常に激しいので、渡るのが危険なんです。

 

f:id:clock-969-clock:20180517030448j:plain

 

上の写真では大したことないように思えますが、普段はもっと通行量があります。

加えて車の速度が非常に早いので、誰も徐行なんてしてくれません。

これを徒歩で渡るのは割と危ないと思います。
特に夜は止めといたほうが良い。マジで轢かれかねないので。

 

 

f:id:clock-969-clock:20180517025936p:plain

安全策としては、上のような感じで自転車で迂回することです。

軽く自転車を漕いで約4分くらいです。

面倒なんだけど、徒歩で渡るのは危ないので仕方ない。

 

 

まあ、僕の中では「スポーツジムの近く」というのは非常に重要です。

外こもってると運動不足になりがちです。
部屋からすぐの距離にジムがあれば、運動への心理的な柵が低くなります。

なので、自然とジム通いが出来るようになります。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

読んだ人は「チェンマイで1泊4,660円とか高すぎでしょw」とか思ったかもしれない。

でも僕なんかは、「4,660円でこのレベルの宿に泊まれるって安すぎでしょ!」とか思います。

 

↓↓予約はコチラから↓↓

 

 

タイ旅行といえば安さばかりがピックアップされがちです。

しかし、1か月の宿代を安くできたところで何か価値があるのでしょうか?

たとえ安くできたとしても、その部屋が狭かったり騒がしかったり非快適だったら何も意味がありません。

そもそもタイのような物価の安い国で宿代をケチったところで、その効果は極めて薄いです。(北欧とかで節約するなら効果はあるけど)


こういう国では、日本並みの物価で、日本では考えられないようなサービスが堪能できます。

だったら、ガンガン金を使ってサービスを堪能したほうが良いに決まっています。

 

 

なんか海外旅行界隈では「安く済ませるヤツが偉い」という価値観が蔓延していますが・・・
この価値観は根本的に間違っています。

安く済ませたところで偉くも何ともないです。
何の勲章にもなりません。

こういう悪しき風潮は無くなるべきです。ゴミです。

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク