スポンサードリンク

LCCの国内線 路線&価格の一覧表(地方行きがメイン)【格安航空】

スポンサードリンク

 

f:id:clock-969-clock:20181230103105p:plain

ども、くろっくです。

今回は、LCCの国内線の路線&価格表についてまとめてみました。

 

ちなみに、当記事は国内線のLCCのみに限定しています。

国際線に関しては一切触れていないのでご注意を。

 

そして、「メジャーな空港←→マイナーな地方の空港」を分かり易く伝えることがメインとなってます。

メジャーな空港
=成田.関西.札幌.羽田.中部.神戸.福岡.沖縄の8つ
マイナーな空港
=それ以外の全て(石垣とか高知とか新潟とか)

 

日本各地を飛び回ってる自分としても、
「マイナーな地方でLCCが通ってる空港は何処か?何か所ぐらいあるのか?」については表として視覚化する必要がありますので。

 

あと「メジャー8空港←→マイナー空港」の組み合わせのみを書いています。

「メジャー←→メジャー」は当記事では完全に除外しています(成田ー沖縄とか)。これを書くとキリがないので。

あと「マイナー←→マイナー」はそもそも存在しないです。全ての国内LCC路線はメジャー8空港のいずれかと絡んでいます。

 

では、どうぞご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

 

成田発&関西発での地方へのLCC路線

成田発
ジェット
スター
成田
←→高松
平時の価格 
¥5,770~7,370
←→松山 ¥6,370~8,970
←→高知 ¥5,670~7,270
←→長崎 ¥4,420~6,620
←→熊本 ¥6,870~8,870
←→宮崎 ¥7,270~10,300
←→鹿児島 ¥4,720~5,920
バニラ
エアー
←→函館 ¥5,960~6,960
←→奄美 ¥7,360~8,460
春秋航空 ←→広島 ¥4,980~6,980
←→佐賀 ¥3,830~6,760

成田←→福岡とか入ってなくね?と思った人もいるでしょうが・・・

冒頭で述べた通り、今回は「成田.関西←→新千歳.羽田.中部.神戸.福岡.沖縄」のようなメジャーな空港同士の組み合わせは除外しています。

書いてるとキリがないので。

「成田←→新千歳」とか「関西←→沖縄」とか「神戸←→羽田」とかは当記事では除外してますが、余裕で飛びまくっています。注意してください。 

 

関西発
ピーチ 関西
←→釧路
平時の価格 
¥5,650~7,050
←→仙台 ¥5,280~6,580
←→新潟 ¥4,550~6,850
←→松山 ¥3,250~4,050
←→長崎 ¥4,100~5,500
←→宮崎 ¥4,650~5,800
←→鹿児島 ¥4,650~5,650
←→石垣 ¥6,950~9,000
ジェット
スター
←→高知 ¥4,420~6,620
←→熊本 ¥4,720~5,920
バニラエア ←→奄美 ¥5,810~7,810
関西発→石垣着は朝07:35発の1本しかないので注意。

 

新千歳発・羽田発・中部発・神戸発・福岡発・沖縄発での地方へのLCC路線

新千歳発
 ピーチ 新千歳
←→仙台
平時の価格
¥4,790~5,490 
 スカイ
マーク
←→茨城 ¥5,970~8,970 

 

羽田発
 スカイ
マーク
羽田
←→鹿児島
平時の価格
¥8,890~9,890 
新千歳絡みと羽田絡みはAIR DO(主に北海道)とスターフライヤー(主に九州)とソラシドエア(主に九州)も通っています。
しかし完全除外しました。料金が高いため、表に連ねる価値がないので。

 

中部発
ジェット
スター
中部
←→鹿児島
平時の価格
¥4,490~6,590

 

神戸発
スカイ
マーク
神戸
←→仙台
平時の価格
¥5,770~7,370
←→茨城 ¥6,370~8,970
←→長崎 ¥5,670~7,270
←→鹿児島 ¥4,420~6,620
←→奄美 ¥6,870~8,870

 

福岡発
スカイ
マーク
福岡 
←→茨城 
平時の価格
¥8,700~11,700
茨城発→福岡着は07:35発の1本しかないので注意。

 

沖縄発
 スカイ
マーク
沖縄
←→茨城
平時の価格
¥7,200~10,600 
 バニラ ←→石垣 ¥4,080~4,380 

 

 

路線&価格表の注意点

最後に、注意点が3つあります。

 

1つ目は既に述べてますが・・・

「成田.関西←→新千歳.羽田.中部.神戸.福岡.沖縄」のようなメジャーな空港同士の組み合わせは除外しているってことです。

「成田←→新千歳」とか「関西←→沖縄」は「神戸←→羽田」とかは余裕で飛びまくっています。
しかし当記事ではあえて載せていません。注意してください。

 

2つ目も既に述べたことです。

AIR DO(主に北海道)とスターフライヤー(主に九州)とソラシドエア(主に九州)。

上の3つのLCC会社は完全除外しました。

フライト料金が普通に高いからです。
具体的に言うと、日本航空よりも2,000~3,000円安い程度のものです。

こんなのをLCCと呼ぶには疑問があるので「表に載せる価値はなし」と判断しました。

 

3つ目は、価格表に「平時の価格」というのを強調しておいたってこと。

例えば、「成田ー高松は平時で5,770~7,370円」ということですが・・・
・土日の直前予約ならば10,000~15,000円も。
・お盆とかゴールデンウィークならば20,000~30,000円も。
・そうでない普通の平日ならば5,770~7,370円。
ということです。

ちなみにLCCでは超特価のセールが頻繁にありますが、「平時の価格」にはそれを含んでいません。

平時で5,770~7,370円とはいえ、セールならば999円以下にもなるってことです。

 

 

↓↓航空券の最安値を探すにはコチラ↓↓
 

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク