スポンサードリンク

人造都市アスタナを歩く【カザフスタン】

スポンサードリンク

 

f:id:clock-969-clock:20180827191140j:image

 

ども、くろっくです。

今回は、カザフスタンの首都であるアスタナについてです。

 

 

このアスタナ。僕としては最高に好きな街です

SF映画ディストピアという感じがするんですよね。

そういう負のオーラに堪らなく魅かれてしまいます。

 

では、早速アスタナを見て行きましょう。

 

スポンサードリンク 
 

 

アスタナ国際空港


f:id:clock-969-clock:20180827034616j:image

 
まずはアスタナ空港に到着です。


f:id:clock-969-clock:20180827034634j:image

f:id:clock-969-clock:20180822025015j:plain


アスタナ空港にはちゃんとTAXIと書かれた"普通のタクシー"があります。
(これがアルマトイならば白タクばかりで"普通のタクシー"は存在しません)

あとカザフに行くときは、必ずドルorユーロを持参しましょう。(日本円は超極悪レートです)

 

市内中心部までの風景


では、空港より中心部までタクシーで行きましょう。(約12km)


f:id:clock-969-clock:20180827035429j:image
f:id:clock-969-clock:20180827035443j:image
f:id:clock-969-clock:20180827035206j:image
f:id:clock-969-clock:20180827035454j:image
f:id:clock-969-clock:20180827040616j:image

 

なんというか・・・

人工的で不自然な街並みですよね。

 どことなく滑稽で違和感だらけです。

 

でもこれこそがアスタナ最大の魅力なのです。

ここまで気味が悪いというのはアスタナ独自の雰囲気です。こんなん他の都市では考えられないですからね。

 

バイテルク

f:id:clock-969-clock:20180827034648j:image

バイタルクという謎の建造物。

これが首都アスタナのシンボルです。

 


f:id:clock-969-clock:20180827034659j:image

なんか北朝鮮的なハリボテ感がありますね。

でもなんか好き。

 

 

スポンサードリンク

 

アスタナ・オペラハウス

 

f:id:clock-969-clock:20180827035052j:image

ここもアスタナの有名な場所。

非常にレベルの高いオペラやバレエが見られるようです。


f:id:clock-969-clock:20180827035033j:image

 

まるで威嚇されているかのように錯覚してしまいますね。 

 

 

万博カザフ館


f:id:clock-969-clock:20180827035724j:image

 
これまたアバンギャルドな建造物。


f:id:clock-969-clock:20180827035713j:image
f:id:clock-969-clock:20180827035748j:image

 
そもそもこの球体は何か?というと・・・
2017年にアスタナで開催された万博のカザフスタンです。

万博が終わっても岡本太郎太陽の塔みたいなポジションとして残り続けるんでしょう。

 

独立広場と平和のピラミッド

 

f:id:clock-969-clock:20180827040039j:plain
f:id:clock-969-clock:20180827040026j:image
f:id:clock-969-clock:20180827040052j:image

 

建造物はやたらと豪奢。
そのくせ、通行人がほとんどいない。

だから違和感を感じるのかもしれません。

 

 

ショッピングモールとカズムナイガスビル


f:id:clock-969-clock:20180827041050j:image

f:id:clock-969-clock:20180827040858j:plain
f:id:clock-969-clock:20180827035130j:image

f:id:clock-969-clock:20180827041016j:plain

 

手前の凱旋門のようなのは、カズムナイガスビルというオフィス?です。

そして奥にある謎のピラミッドは・・・なんとショッピングモールです。

 

ピラミッド内に入れば下のような感じ。


f:id:clock-969-clock:20180827182035j:image

 

 

 アスタナ駅(新)


f:id:clock-969-clock:20180827163714j:image

 

アスタナの鉄道駅は新しい駅と古い駅との2つあります。(場所も全然違う)

今回の写真は新しいほうの駅です。
2017年万博に合わせて新建設されたようです。

 


f:id:clock-969-clock:20180827163731j:image
f:id:clock-969-clock:20180827163742j:image
f:id:clock-969-clock:20180827163818j:image

 

 駅舎というよりも、まるで空港ですね。

 


f:id:clock-969-clock:20180827163932j:image
f:id:clock-969-clock:20180827163803j:image

 

広いカザフ国内の様々なところに繋がる鉄道です。

 

車両の中もチラっと撮ってきました。


f:id:clock-969-clock:20180827163946j:image
f:id:clock-969-clock:20180827163957j:image

 

 

アスタナの住宅地


f:id:clock-969-clock:20180827040350j:image
f:id:clock-969-clock:20180827040845j:image

 

下品に青く輝いている建造物群。

その正体は・・・

 


f:id:clock-969-clock:20180827040401j:image


f:id:clock-969-clock:20180827040413j:image

 

なんと一般の住宅地のようです。

団地と言ったほうが良いのか?

 

 


f:id:clock-969-clock:20180827040425j:image
f:id:clock-969-clock:20180827040437j:image

 

アスタナには似たような住宅地の塊が大量にあります。

それにしても、空き室が大量にありそうな気がするけど・・・

 

スポンサードリンク

 

 

その他のアスタナの風景


f:id:clock-969-clock:20180827035954j:image

ハズィレット・スルタン・モスク。
中央アジア最大規模のモスクです。 

 

 
f:id:clock-969-clock:20180827163648j:image

大統領官邸

 

 


f:id:clock-969-clock:20180827040716j:image

これが何か?って・・・普通のスポーツジムです。

 


f:id:clock-969-clock:20180827181225j:image

拡大すると「Fitness」と書かれています。

 

 


f:id:clock-969-clock:20180827040120j:image
f:id:clock-969-clock:20180827040647j:image

f:id:clock-969-clock:20180827040109j:plain

 

まとめ

アスタナはお世辞にも美しい街並だなんて言えません。

けれどもエキセントリックな奇観を堪能することができます。

"負の遺産的なオーラを発してる街"というのもそれはそれで魅力があるものです。

 

下品・醜怪・豪奢・グロテスク・虚栄感・・・・・

だが、それが良い!

 

 

機会があれば是非アスタナに足を運んでみてください。

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク