スポンサードリンク

ブログは1つのみに集中投資したほうが良い理由=“仕事量シナジー“が働くから

スポンサードリンク

 

f:id:clock-969-clock:20180302122727p:plain

 

ども、くろっくです。

今回は、ブログは1つのみに集中投資したほうが良いという話をします。(特に初心者は)

 

まず結論から述べると・・・

 

結論①
報酬はブログ仕事量に比例しない。

結論②
1つのブログに仕事量が貯まった状態であればあるほどに、報酬発生にシナジー(=相乗効果)がかかる。

結論③
「ブログ仕事量25P×ブログ数2個」よりも「仕事量45P×1個+仕事量5P×1個」のほうが期待報酬額は高い。

 

まず仕事量とは、ブログの質×量という定義で良いです。
質が2で量が5ならば仕事量10、質が5で量が2でも同じ10ということ。

次に報酬の定義なんですが、主にレスポンスのことです。
重要なのは「自分の記事が見てもらっている!」というユーザー反応です。
まずはPV数。コメントやリプ、リツイートやいいね。

アドセンス収益やアフィ発生&確定数もレスポンスのうちに入ります。
しかし、ここでは金銭的なことは重要視しません。

 

ユーザー反応という報酬が大事

収益どうこう以前の話で、「ユーザー反応」という報酬が無ければ何も始まらないんですよ。

 

ユーザー反応が極めて弱いとどうなるか?

ブログを止める確率が高くなります。
「誰にも見られてない」状態が長ければ、ブログを書く気にもなりませんからね。

あと、そもそもユーザー反応が無いと収益化できません。
ブログの場合は、反応が無い=ブログ認知度が非常に弱い&読者が付いていないということ。PVが伸びないということですからね。
アフィリエイトサイトや商材系ブロガーならば関係ないんでしょうけど。

 

 

この記事で言いたいのは・・・

複数のブログを作って仕事量を分散投資するよりも、
1つのブログに集中投資するほうが報酬(=レスポンス)がとれるという点です。

 

 なぜなら、1つのブログで仕事量を積めば積むほどに、次に仕事量を投資する際にシナジー(=相乗効果)が発生するからです。

 

このシナジー

スロットのとある機種を打っていて気づきました。

 

スポンサードリンク

 

ブログは剛衛門の鬼賽システムと似ている

 

f:id:clock-969-clock:20180302031724p:plain

 

僕がシナジーについて気付きを得たのは、パチスロ剛衛門の上乗せ特化ゾーンです。

このシステムが独特なんですね。

 

これから「どういうシステムか?」を説明しますが・・・

 剛衛門を知らない人は、
今から出てくる「鬼賽」という言葉を「ブログ記事」に置き換えて御覧ください。

 

 

ルール①まず「鬼賽」というものがある。
上乗せ特化ゾーンでは、鬼賽1個を消化するごとに1回の報酬発生抽選(=G数上乗せ抽選)を受けることができる。
ちなみに、鬼賽はボーナスor特化ゾーンに当選するまでの間に貯める。なので鬼賽を多く持って特化ゾーンに突入すれば多く報酬を貰える。
ルール②報酬発生抽選に当選するのは、鬼賽4個に1個の割合。
初期の報酬は11〜22G。
ルール③報酬発生抽選に当選した場合の約20%で、報酬の上限が上がる。これを「上限解放」と呼ぶ。
上限UPは3段階ある。1段階UPなら11〜22G→11〜33Gに昇格。3段階UPなら11〜22G→11〜55Gに昇格。
ルール④上限開放に当選すれば、特化ゾーン終了まで永遠にこのまま。
再度の上限開放に当選した場合は、さらに上限が上がる。(11〜22G→11〜44G→11〜66G)

 

こんな感じ。

 

例えば・・・

・鬼賽15個スタート
・6個消化時点で上限解放に当選。報酬の上限が11~22→11~44に昇格
・10個消化時点で上限解放に当選。報酬の上限が11→44→11~55に昇格

 

この場合は・・・

1~5個までは11〜22Gの報酬抽選を受け、
7~9個目は11〜44Gの報酬抽選、
10個目以降はずっと11~55Gの報酬抽選を受けることになる。

 

肝心なのは・・・鬼賽を貯まった状態であればあるほどに、上限が何段階も上がった状態で報酬抽選を受けれるという点。

つまり、鬼賽を多く消化すればするほどに次の鬼賽消化にシナジーがどんどん発生していく、ということ。

 

最大の肝は上限解放

  上限解放という独自のシステムがある。この事により以下の現象が起こります。 

結論①
報酬は鬼賽数に比例しない。

結論②
1つの特化ゾーンに鬼賽数が貯まった状態であればあるほどに、報酬発生にシナジー(=相乗効果)がかかる。

結論③
「鬼賽25個×特化ゾーン2回」よりも「鬼賽45個×1回+鬼賽5個×1回」のほうが期待報酬額は高い。

 

 ・鬼賽15個で特化ゾーン突入
・鬼賽50個で突入

 この2つを比較すると、鬼賽1つあたりで獲得できる報酬額が違うわけです。

鬼賽数によって報酬が比例するわけではないってこと。

 

当然ながら、鬼賽1個目と10個目では期待できる報酬額が違ってきます。

1個目というのは上限解放がゼロの状態です。
しかし10個目だと、すでに上限解放されている状態で報酬抽選を受けれる可能性が高い。
そして40個目ともなると、何段階もの上限解放が済んでいる状態で報酬抽選を受けれる可能性が高い。

鬼賽を消化すればするほどに上限解放シナジーがかかる、ということです。

 

なので、より高い報酬を得るためには・・・
なるべく鬼賽を何個も消化した後に鬼賽を消化する。

だから、どうせ鬼賽50個ならば1つの場所に集中投下したほうが高い報酬が期待できる。

 

 

 これ、ブログに関しても同じです。

 

スポンサードリンク

 

 

ブログも1つに集中投資が良い

 ブログも、剛衛門の鬼賽システムと同じです。 

結論①
報酬はブログ仕事量に比例しない。

結論②
1つのブログに仕事量が貯まった状態であればあるほどに、報酬発生にシナジー(=相乗効果)がかかる。

結論③
「ブログ仕事量25P×ブログ数2個」よりも「仕事量45P×1個+仕事量5P×1個」のほうが期待報酬額は高い。

 

同じブログ仕事量1Pを投資するにしても、そのブログで今までどれだけ仕事量が貯まってるか?によって報酬(=レスポンス)の額も変わってくるんですよね。

・仕事量10P貯まった状態に1P足す
・仕事量200P貯まった状態に1P足す

言うまでもなく、後者のほうが仕事量1Pあたりの報酬額は高いわけですよ。

 

なぜなら、ブログというのは仕事量(≒記事数)を貯めれば貯まるほどに価値が上がっていくからです。

ドメインパワーが上がる
・固定読者がつく
・ブログ周遊のPV効果が上がる 

 

 というか、ブログを続けていれば「おっ、今上限解放したぞ!」と実感できる時がありますからね。

ひとたび上限解放すれば、次以降の仕事量にはシナジー(=相乗効果)がかかります。
ゆえに効率良く報酬(=レスポンス)を獲れます。

 

逆に、「仕事量25P×ブログ2個」のような分散投資だと効率が落ちます。

集中投資に比べると上限解放がかかる回数が少なくなるので、強いシナジーが発生させることができない。
そして、投資する仕事量にかかるシナジーも弱くなるからです。

 

ただし例外的に、「記事本数」を週7で量産できる人ならば分散投資のほうが良いかもしれませんね。

「仕事量」ではなく「記事本数」なので注意を。
「仕事量」は質×量。「記事本数」は単純な量だけ。

 

僕がなぜ複数のブログを書いているか?

 ここまで、ブログの複数持ちに否定的なことばかり書いてきましたが・・・

そんな事を言っといて、僕自身がブログを複数やってますw

 

なぜか?というと理由は3つあります。

 

1つは、下の記事が検索ヒットしたため。
イコール、こっちのブログにもシナジーが発生したということ。

www.clock-969-clock.com

 

2つ目の理由は、メインブログのテーマは投機&スロ。
ゆえにそれ以外のことを書いたところで、向こうの読者はそんなもの望んでいないから。

雑記を書いたところでPVにならないし、メインテーマとずれてるのでSEOにも不利に働く可能性もあります。

ブログの場合は剛衛門の鬼賽システムとは少し違って、仕事量の種類によっては適材適所に投資したほうが良い、という面があると思います。

もちろんシナジーのほうが最優先です。
ただ前述のとおり、こっちでもシナジーが1段階かかりましたからね。

なので、シナジーレベルが弱いとはいえこちらにも「ある種の仕事量」を投資しても良くなった、と状況が変わったわけです。

 

3つ目の理由は、複数やってれば何かしらの発見があるのでは?という期待です。

例えば、スキルや知識の幅が広がったりするかもしれない。
あるいは、違う毛色のユーザーに読んでもらえることで、メインブログとは別のフィードバックが獲れるかもしれい。

まあ期待だけなんだが、「複数やってれば良いことがあるかも」というテキトーな感じです。

 

まとめ

上記の理由から、基本的にはブログは1個だけに絞ったほうが良いと考えています。

特に初心者の場合は、「レスポンス」という報酬が無いと心が折れてフェードアウトする危険性が高いです。

 

1つのブログに集中投資していれば、いつかは「上限解放」が出ます。
そうすれば、次回以降の仕事量にはシナジーがかかりますから。

 

そりゃ理想は、ブログを複数持って記事の毛色によって投稿先を変えるってのがベストです。

ただ、これは理想にすぎず現実は厳しいです。

新しいブログを立ち上げれば、報酬(レスポンス)がない期間が長く続きます。
分散投資がゆえに仕事量も多く注ぎ込めないので、集中投資に比べても報酬ゼロ期間は長いですからね~。

 

ただし、ブログで一皮むけたいのならば複数持つのはアリかもです。

僕もそうしてますし。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク