スポンサードリンク

iQOS(アイコス)持ち込み禁止の国もあるが、無視しても大丈夫!持ち込んでも割に合いますよ!【海外旅行×電子タバコ】

 

ども、くろっくです。

海外には電子タバコ(iQOS glo)を禁止している国があります。
タイの場合だと、バレたら10万円の罰金or5年以下の懲役です。

この事実は、意外とあまり知られていません。
僕もタイに行く当日に知ってビビリました。

 

じゃあそういう国へ行く時は、電子タバコの持ち込みは控えるべきなのか?

 

 

 

この記事では「控える控えない」「バレるバレない」の話ではなくて、

iQOS禁止国への持ち込み行為は割に合うのか?合わないのか?に特化して書いていきます。

 

結論から言うと・・・

僕換算だと、罰金10万仮定ならば1回当たりの持ち込みリスクは100~1000円です。

こんな少額リスクで旅先でiQOSが吸える(=リターン)ならば安いものです。

つまりはiQOSの持ち込み行為は余裕で割に合う ってこと。

 

そんじゃ、まずは1回のリスクが100~1000円(罰金10万時)という根拠から言っていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

 99.0~99.9%の確率でバレない

ググってみると「iQOSがバレて罰金とられる人続出!」とか不安を駆られるような記事ばかりが出てきます。

しかし、こんなのは極端な事例にすぎません。
実際のところ、バレる危険性なんてほぼ無いです。

 

ハッキリ言って、電子タバコの取り締まりなんてのはガバガバで適当です。

そもそも、空港には電子タバコを察知するセンサーなんて置いていないっぽいです。

まあ有害な製品ではないですから、こんなのを取り締まるために空港側は労力なんて使うわけがありません。

 

たぶんバレた人ってのは・・・
日本の免税店でiQOSをカートン買いして、ビニールの手さげ袋に持って入国したんじゃないでしょうか。

これだとバレてもおかしくないですよね。

 

普通にやってれば、99.0~99.9%の確率でバレないです。

 

「街中で見つかっても罰金」とかも聞くけど、そんな展開にはまずならないです。
空港の外まで行けば100%に近い確率で安全です。

 

「0.1~1.0%×罰金10万」
=「1回平均100~1000円」

「でも0.1~1.0%の確率でバレるんでしょ」と思うかもしれない。

それはそうだが、リスク(=罰金)とリターン(=旅先でiQOS吸える)を天秤にかけると、リターンのほうが大きいわけです

だから「持ち込んでも割に合うよ」という話なだけで。

 

例えばタイの場合はバレたら10万円の罰金。もしくは5年の懲役です。

バレる確率が0.1~1.0%とすると、
「0.1~1.0%の確率で10万円を払う」という意味になりますよね。

裏を返すと、1000回持ち込めれば1~10回はバレるということ。

・1000回持ち込み=10万~100万円の罰金が発生
・1回持ち込み=平均で100~1000円の罰金が発生

電子タバコを持ち込む1回あたりのリスク=100~1000円、ということになります。

 

このリスク100~1000円が高いか?安いか?という話です。

決して高い金額ではないですよね。
100~1000円払うだけでリターン(=旅先でiQOS吸える)が得られるわけだし。

もしも高いと思うのならば、持ち込みを控えれば良いだけのことです。

 

なのでバレた時の保険10万さえ用意しておけば、「100~1000円のリスクを取るだけで持ち込める」という意味になります。

 

ただし、罰金10万すら用意できない人は懲役になる可能性があります。
そういう人達にとっては、リターンよりもリスクのほうが圧倒的に大きくなります
持ち込む行為は割に合わないですから、やめといたほうが良いでしょう。  

 

スポンサードリンク

 

リスクを0.1%未満に近づける3つの方法

 バレる確率が0.1~1.0%と述べました。
さらにリスク回避の工夫をすれば、もっとリスクを小さくできます。

0.1%未満に減らせると思います。

 

①目立つ場所に置かない

例えば、入国時にiQOSを隠す場所がズボンのポケットの中だとか。

いくらなんでも、これはナメすぎです。
普通に考えて、リュックの奥に隠す場合に比べるとバレる確率が大幅UPするに決まってますよねw

持ち込む時は、リュックの奥のほうとかコッソリと目立たない場所に隠しましょう。 

ただし街中ならば、ポケットの中だろうと首にぶらさげていようとも何も問題はありません。

 

②日本の免税店では絶対にiQOSは買わない

日本出国時の免税店ではiQOSを買わない方が良いと思います。

免税店でタバコを買う際は、航空券かパスポートにタバコ購入履歴が記されます。
なので渡航先の空港側が、「こいつは免税店でiQOSを買った。iQOS持ってるな。」とマークされるかもしれません。

「タバコ情報が筒抜けになるなんて無いだろ」と思うかもしれない。
それはその通りなんだが、可能性としてはゼロではないです。

要は、バレるリスクを小さくするためには免税店購入はやめようというわけです。

もしもタバコ情報がバレる仕組みならば、必然的にiQOSもバレるわけです。
免税店さえ使っていなければ、この仕組みでもバレることは無いわけですので。

 

③知らぬ間にリュックの中に禁止された物がないか気をつける

規制された物を知らぬ間に持っていて、そのとばっちりで電子タバコが見つかる危険性もあります。

例えば美容バサミ。
日本の航空会社というのは機内持ち込みOKです。しかしタイの場合だとハサミは禁止されています。

何が言いたいかって・・・

「ハサミが引っ掛かったぞ」
→「荷物チェックする」
→「おい!この電子タバコは何だ!」

という展開で、とばっちりで電子タバコが見つかる危険性があります。

 

これは入国時というよりも、空港内入場のケースですね。
例えば渡航先での国内便とか乗継便とか、あるいは帰国する時とか。

日本とは荷物チェックの基準が違う場合もあるので気を付けましょう。

 

 

なので、特に臆する事なくiQOSを持ち込んでも大丈夫です。

ネットの「iQOSがバレた人続出!」なんてのは稀有な事例ですから。

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク