スポンサードリンク

ビジネスホテル暮らしのメリットとデメリット

f:id:clock-969-clock:20170705084826p:plain

 

ども、くろっくです。

今回はビジネスホテル暮らしのメリットとデメリットを比較します。

 

まず、僕は1/17より全国のビジネスホテルを転々として生活しています。
肝心の生活費は、その地域のパチスロ屋で稼いでおります。

それ以前は東海地方でフツーに賃貸を3年借りてました。

が、いろいろ考えて「ビジネスホテル暮らしが最も効率が良いはず」という結論に至りました。

 

ところで前回記事では、ビジネスホテル暮らしの宿泊費を記事にしました。

 

www.clock-969-clock.com

 

 今回の記事では、経済面以外での面を書いていきます。

 

まあメリットも多いものの、デメリットもそれなりにあるわけです。

 

3つのデメリット

 まずはデメリットのほうからいきましょう。

 

①移動がシンドい

まずはコレ。

バックに生活必需品が全て詰まっていますから、荷物はそれなりに重くなります。

重い荷物を持って移動するのは非常にキツイ。

 

PC・最低限の衣類・貴重品類。
あと、生活用品もそれなりにある。(小型ヒゲ剃りやら鼻炎薬などなど)

 

荷物の体積はどの程度か?というと、夏か冬かで違います。

 

 →NORTH FACEの四角いリュック満タン+ミニリュック1つ。

これが夏の持ち物の体積。

 

やっぱし夏は衣類の体積が少ないですからね~。

それなりに体積の節減はできます。

とはいっても、PCとかいろいろ入ってます。
これらを背負って移動するのは非常にキツいです。

 

さて、問題は冬です。

 

 冬

→特大キャリーバック+NORTH FACE+ミニリュック

 

冬の荷物は多い!

やっぱ分厚い服が数枚はないとヤバイですから、荷物の体積は桁違いになります。

 

なので、NORTHFACEとミニリュックに加えて特大キャリーバックも必要になる

合計でカバン&リュック3つってこと。

 

面倒なのは、これらを持って移動する時です。

 

f:id:clock-969-clock:20170705031447p:plain

 

 移動の際は上の写真みたくなります。

お気づきかと思うが、これではキャリーバックの席に座るのは不可能です
特急に乗る際は、2席が必要になってしまう・・・

 

特大荷物置き場を探せば良いんだけど、それが存在しない特急ってのもある。

 

う~ん。冬の電車移動はかなり労力を要しますね~。

 

 

②ホテルを替えるたびに荷物をまとめないといけない

当たり前の話だが、 ホテルを変えるには荷物を全部まとめないといけません。

その作業ってのが実に面倒くさい。30~40分はかかりますね。

 

なので単泊→単泊→単泊ってのは非常に非効率。

必然的に、「単泊は避ける」「1つのホテルになるべく連泊する」って形式をとっています。

 

そして、厄介なのは東横インです。
どういうわけか「1つの部屋で連泊できるのは1週間まで」という糞ルールがあります。

「この地域に1か月くらい滞在したい!」という時もあるんだけど、東横インだと1週に1度は荷物をまとめる作業が発生するわけですね~。

 

逆に言うと、コンフォートとかアパホテルにて1か月滞在とかなら非常にラクです。

 

③ホテル予約が困難な地域もある

 場所によって全然違うんですが・・・
ホテルを予約するのに一苦労する地域もあります。

 

特に東京なんかはそうです。

最新1週間のホテル予約ってのは、非常に厳しい。
激戦状態ですから、空き室ってのは結構少ないのです。

なので、7連泊で予約できるって展開は少ないです。

東京に1週間滞在したいのならば、「2泊→移動→2泊→移動→3泊」という形でしか予約できません。

 

救いがあるとすれば、前日にキャンセルが入ることは多いです。
なので一旦は2泊で入って、そこからキャンセル待ちで7泊できるって展開もある。

ただそれにしても、いちいちキャンセルを待つのも非常に面倒ですし、そもそもキャンセルが入らなければ強制移動です。

 

本っ当にホテル予約は大変です。

 

しかも東京だけじゃなく、小さな地方都市なんかでも7連泊不能という状況は多い。

秋田・宇都宮・富山・大分。
このクラスですら最新1週間丸ごと予約するってのは厳しいです。

 

だから、1週間以上前には次の候補地ってのを決めて、ホテル状況を把握しとかなきゃならない。

 

これは本当に面倒です。

(さすがに真冬の北海道ならガラガラだったけど)

 

ちなみに曜日別の予約難易度は・・・

>>>>

土曜を確保できるかできないかってのが連泊の肝です。

 

 

3つのメリット

 デメリットは案外に多かった。

とはいえ、メリットもたくさんあるのがホテル暮らし。

 

パチ屋を徒歩5分以内に固定できる

冒頭で述べたとおり、僕はスロットで生計を立てています。

そしてパチ屋の近くのホテルに滞在するということは、職場が家から徒歩5分というのと同じ意味です。

これは非常に非常に効率的です。

 

以前に東海地方に住んでた時は、片道20分を自転車交通していました。

やっぱ店に行くってのが面倒だったんですよね~。

 

まずは「往復40分ー往復10分」で1日30分得する、ということになります。

 

でもそれだけではない。

例えばホテルで家と同じ生活をしてるとします。
そして、気が向いたらトイレに行くかのように店を覗くことができます。

つまり、店を覗くハードルを著しく下げられるって効能があります。

これ以上はスロの専門的な話になってしまうので言わないが、
店を覗く機会を増やせるってことは「効率良く収支が向上する」ってのに繋がります。

 

まあホテル→仕事場が徒歩5分が効率良いってのはスロに限った話じゃないですよね。
全ての業種において、徒歩5分は大プラスに働くでしょう。

 

②旅行好きには天国

このメリットは旅行が好きじゃない人には効能は弱いかもしれません。

しかし旅行好きならば、ホテル暮らしは天国です。

 

そもそも、どうして旅行が好きか?というと・・・

RPGで初めて入る街のワクワク感。これなんですよね。

 

初めて入る街の武器屋とかアイテム屋とか。ワクワクしますよね。
あと、町の端から端まで歩き回るのは楽しいですよね。

旅行ってのもRPGのワクワク感と一緒だと思います。

 

そんで、同じ町にばかりいたら飽きます。

飽きたらまた別の町に行ってワクワク感を味わおう、みたいな。

 

家を借りてると、出来そうで出来ない

賃貸で家を借りてても旅行は出来ます。
ただしこれでは戻ってくるのが前提です。

なので、気に入った町にそのまま何か月も居座るって選択がとりづらくなります

 

てか、長い間家を空けるってのは不安じゃないですか?

 

僕は2か月家を空けた時もありますが、やっぱ不安になります。
その時は「いったん家に帰って再びここに戻ろう!」と思って家に帰りました。
で結局、その地に戻ることはありませんでしたw

まあ、家そのものを捨ててしまえば戻る必要がなくなります。
そうすると選択肢の幅も広がると思いますね~。

 

あと、賃貸だと出発までのハードルが高いってのもありますよね。

 

③掃除.調理.洗い物を一切しないでよい

 ホテル暮らしなら、掃除の必要はありません。

あと調理とか洗い物とかもやらないでよい。(調理する人もいるかもだが)

てか朝食がついてきますからね。
朝食をもらって、皿を渡すだけってのはラクです。
(とはいえ、朝食時間に起きれないんだけど)

 

さすがに洗濯はコインランドリーで自分でやらんといけないが。

とはいえ、布団干したりカバーをあれこれしたりの作業はやらないで良い。

特に夏のこの時期ってのは、布団カバーを変えてもらえるってのは非常にラクです。

 

賃貸で1人暮らしをしてると、掃除やら洗い物やらで相当な時間を奪われていました。

これらの雑用を一切やらないで良いってのは、時間を有効活用できます。

 

 

まとめ

メリット・デメリット共に3つずつ挙げてきました。

 

人によっては、「デメリットのほうが圧倒的にでかいじゃん!」と思う人も多いでしょう。

 

ただ、「メリットのほうが大きい!」と感じる人も多いはず。

当然、僕はメリットの恩恵が強いと考えています。

 

ただ、何か月も続けてれば旅行そのものに飽きるかもしれない。

そうなると恩恵が弱くなり、デメリットのほうが勝るってことにもなるかもしれないですね~。

 

まあ、今のところは圧倒的にメリットが強いです。

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク