スポンサードリンク

"無能な働き者"は、エレベーター内でも無能である

f:id:clock-969-clock:20170416025839p:plain

 

軍人は4つのタイプに分類される。

有能な怠け者は司令官にせよ。
有能な働き者は参謀に向いている。
無能な怠け者も連絡将校か下級兵士くらいは務まる。
無能な働き者は銃殺するしかない

 

 上の言葉は誰もが耳にしたことがあるはずだ。

ゼークトの組織論の名言である。

 

無能な働き者。

 

これは組織に限定された話ではない。

世の中の一般社会においても該当する。

 

存在そのものがマイナスである人間 がいる。

 

本人は一生懸命に働いてるつもりなんだが、実態は他人に迷惑しかかけていない。

 今回はそんな連中の話。

 

"無能な働き者”はくたばれ

世の中には”無能な働き者”が存在する。

N●Kの集金人。
熱心にインターホンを鳴らす宗教勧誘。
安保反対とデモ行進するヒマ人。

迷惑極まりない連中である。

 

厄介なのは、組織内(あるいは狭い社会)においては善き事とされている点だ。

だから当の本人も「自分は善き事をしている」と信じ切っている。

 

犯罪者よりも性質が悪い。

 

 エレベーターマナーを疑問に思わないのか

 

そして、エレベーターの謎マナーに唯々諾々と従うのも同じだ。

 

エレベーターのボタン前に率先して進み、ボタンを塞ぎ、「何階ですか?」と尋ねてくる行為。

ボタン前で出口を狭くしておきながら「お先どうぞ」とドヤ顔する行為。

 

こういうアホンダラも同類である。

 

ビジネスマナーとやらにおいては自分が下座(ボタン前)にいたほうが良いんだろうけど、
ビジネス以外の場では明らかに不適切である。

他人を「自分が下座に居座りたい!」という自己満足に巻き込んでいる。

 

しかも「自分はマナーが良い」など善き事をしてると勘違いしている。

これだから悪質極まりない。

 

 

このクソ行為については、先日の記事で徹底糾弾させてもらった。

 

www.clock-969-clock.com

 

 

ここから先は、過去に遭遇した"無能な働き者"のエレベーター内での振る舞いについて記していきたい。

 

 出来事の詳細

f:id:clock-969-clock:20170416015825p:plain

 

東横インでの朝のエレベーターでの話だ。

その遭遇は朝8時。
僕は朝食を食べに行こうとエレベーターのボタンを押した。

当然ながら、この時間帯は皆が忙しい。
エレベーターも非常に活発である。

僕が泊まってたのは9階。
下からエレベーターを呼ぶも、来たと思ったら9階をスルー。
10階まで行って、その後下矢印へ変わる。

 

この後に事件が起こる。

 

1つ目の事件

10階から下りが来る。
そして9階の僕が乗る。

 

中には20代のリーマン。10階から乗ったのだろう。

 

その男は、スーツケースを脇に添えてボタン前に居座っていた
なので、僕はそのまま奥へ行く。

 

すると男はこう言った。

 

 

「何階ですか?」

 

 

・・・はぁ?
1階に決まってんじゃねーか!

 

 

アホかと思いつつも穏やかに「あっ1階で」と答える。

しかし、内心は違う。コイツは何を考えているんだ?と疑心暗鬼になる。

 

そもそも99%以上は1階に決まってる。
もし1%だとしても、他の階に行くなら自らボタンを押す。
ボタンを押さずに奥に進んだ時点で1階行きに決まっている。

こんなことはサルにでも分かるはずだ。

にもかかわらず目の前のこのアホンダラは、見れば分かる事をいちいち確認をとる。

そうとうヤバイ奴だな。

 

・・・まあいいかと諦めた。

 

 

その後、7階から1人、5階からまた1人乗ってきた。

この時は「何階ですか?」は言ってなかった記憶がある。
いっちょまえに学習能力を付けたのか知らんが。

この時点で乗客は4人。
「何階ですか?」をやられたのは僕1人。
つまり、「ボタン前の男がヤバい奴だ」と他2人は知らない

 

ここで再度事件が起こる。

 

2つ目の事件

10→9→7→5と停まり、その後3階にも停まる。

せわしなくボタンが押されているようだが、朝8時の東横インでは珍しい事ではない。

 

で、その3階のドアが開くと子供が1人。親の姿はいない。

子供は「ママ!来たよ!」と廊下の奥へ呼びかけた。
返事が無いので「ママ!ママ!」と廊下の奥まで帰っていった。

 

まあ、子供のこういうのは仕方がない。

なんだけど・・・

 

ボタン前のアホンダラはのうのうと開ボタンを押してやがる。

 

マッマが来るまで律儀に待ってようとでもいうのか。

 

どの程度待つべきなのかの基準は分からない。
しかし、明らかに限度を超えた長さだった。

にもかかわらず、ボタン前のアホンダラは"気を付け"の姿勢で開ボタンを押している。

 

オマエは別に待って良いのかもしれんが、他の3人を巻き込むなよ!
自分が他者の時間を奪ってるって分かってんのか!?

少なくとも自分が巻き添えになるのは我慢ならない!
こんなアホンダラに時間を奪われるなんて!

 

さすがに小心者の僕でも口を挟んだ。

「いやいや。もう待たないで良いでしょ。行きましょう。」

僕はそう口にした。
そして、無理やりに閉ボタンを押そうとした。

 

そのアホンダラの反応はというと、ムッとしたような表情だった。

何だその顔は。

 

その時ようやくマッマの声が近づいてきて、「すいません」と言って子供と乗ってきた。

 

事はこんな感じで収まった。

 

しかし考えてみると・・・

他の2人(7階&5階からの客)視点では、僕のほうがヤバい人間に思われてるのでは?と震えた。

 

他2人はボタン前の男のヤバさを知らない。

目の前のコイツは、行き先なんて1階に決まってるのに『何階ですか?』なんて聞いてくる奴なのだ。

 

なんなんだよこの状況。マジで腹立つ。

(念を押すと、マッマと子供は全然良いんだよ)

 

第3の事件

まあ、最後のこれは蛇足である。

 

1階に付く。
案の定、ボタン前のアホンダラは動かない。

他5人を先に降ろそうとしているのだ。

全くもって有害な善意である

 

開ボタンを押しながら「お先どうぞ」なんて抜かしている。
身を縮めながら「こんなに頑張ってますよ」アピール。

 

てか、オマエ邪魔なんだよ!

 

この男はスーツケースを持っているのである。
床面積を使って出口を狭くしやがって。

少し頭をひねればサルにでも分かる。

もしスーツケースが無かったにしても、ボタン前から出るべきである。
ビジネスマナーに違反するのかもしれないが、ここはビジネスの場ではない。

 

おそらくビジネスマナーを教育されてきたんだろうが、明らかに上の状況では不適切な行為だ。

というか、存在そのものが迷惑になっている。マジで。

 

さらに性質が悪いことに、
ここまで貢献アピールを主張されると、こちら側としても「どうも」やら「すいません」やら添えざるを得ない。

感謝なんてこれっぽっちもしてないし、こんな愚鈍なヤツなんて社会に存在しないほうが良い。

にもかかわず、僕は会釈してエレベーターを降りた。煮え湯を飲まされながら。

 

どうしてオマエみたいな"無能の働き者"に会釈しないといけないんだ!

 

こんなものは善意の押し売りである。
腹立たしい事この上ない。

 

 

まとめ

根底にあるのは愚鈍ゆえの従順さ。これだろう。

上からこうだと言われたら100%盲従する。疑う事をしない。

 

そして誰かに言われたら、たとえ他人に迷惑をかける行為であっても躊躇なく行う。

恐ろしいマニュアル精神である。

 

一応言っておくが、
他人に迷惑をかけるのが良くないってわけじゃない。

生活してりゃ何かしらの迷惑は与える。誰だってそうだ。
なので、「迷惑なんてお互い様」という精神で良い。

ここではない。
この無能な働き者の厄介な点は別にある。

 

自分の行為が善き事だと心の底から信じ切っている。
もしくは、自分が有能であると信じ切っている。

これこそが究極的に不健康なのだ。

 

N●Kの集金人にしても、宗教勧誘にしても、安保反対デモにしてもそう。

こいつらは自分の行為が善き事だと信じ切っている。

 

このエレベーターのアホンダラもそう。

自分は何てマナーが良いんだ!なんて思ってるのだろう。

 

しかし実態は正反対である。

このアホンダラのせいで他人が非効率に巻き込まれているのだ。
他人の時間を奪っているし、他人の神経を摩耗させているのだ。

 

ゼークトの無能な働き者の定義をもう1度見よう。

 

無能な働き者は殺すしかない。

理由は働き者ではあるが、
無能であるために間違いに気付かず進んで実行しようとし、
さらなる間違いを引き起こすため。

 

うむ。全くその通り。

 

こういう連中は、世の中に出てきちゃダメなんだよな。

 

誰か、"無能な働き者"を世の中からつまみだしておくれ!

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク