スポンサードリンク

徹底糾弾!エレベーターで「何階ですか?」とか尋ねてくるアホンダラについて。

f:id:clock-969-clock:20170414193207p:plain

 

 

ども、くろっくです。

今回は、エレベーターの謎マナーなんて要らないよねって話。

 

僕はビジネスホテルで生活しています。

そしてエレベーターで出張のリーマンなんかと同卓することも多い。

 

イラッとくるのが、「何階ですか?」とか聞いてくるヤツ。

本当にウザい。かなり頻繁に出くわすし。

 

何なのコレ。おかしくないっすか?

 

そりゃエレベーターが人で溢れてるならまだ分かる。

でも、僕とその人の2名ですよ。

 

自分で先に入っといて、ボタン前に居座る。

そんで、挙句の果てに「何階ですか?」って・・・

 

 

オマエが後ろに引っ込めよ!アホンダラ!

 

 と言いたくなる。

 

まあ現実は、
「あっ8階でお願いします。どうもありがとうございます!」
とかヘコヘコしてる僕でございます。

 

上座下座とかいう悪しき習慣

 

ボタン前を塞いで「何階ですか?」。
コレをやるのは、決まって20代30代のサラリーマン。

年輩のリーマンはあまりやらないですね。
あとオバチャンとか中国人とかも進んで奥に行きます。ボタン前に居座ることは少ない。

でも何故か20代30代のリーマンの殆どが、ボタン前を塞ぐのである。

 

ググってみると、やっぱりです。
エレベーターにも上座下座ってあるんですね。

 

思考停止するバカ 

まあ仕方ないといえば仕方ない面もある。
ビジネスマナーとやらがそういうルールで回ってるんだから。

しょーもないと思ってもルールに従うしかない。
従わないと減点されるだろうし。

 

ここまでは分かる。

 

なんだけど、ここはビジネスの場じゃないのです。

 

 繰り返すが、僕とその人の2名なのです。
先に入ったのなら、ボタンだけ押して奥に引っ込めば良い。

こんな事はサルにでも分かるはすです。

 

にもかかわらず、日本のビジネスマナーがこうだからという理由でボタン前を塞ぐ。

それで「何階ですか?」ってさ・・・

 

そういう非効率な事に他人を巻き込まないでほしい。

 

そもそも何故こうなるのか。

ビジネスマナーとやらが正しいと妄信しきっている。少しも疑っていない。

思考停止していることが元凶でしょう。

 

 その謎マナー。おかしくね?

 働いた事がないから良く分からないけど、明らかにマナーそのものが間違っている。

というか、「マナーの伝言ゲーム」が時代をまたぐ度にどんどんヘンな方向に行ってるのでは?

 

 だって、年輩のリーマンはやらないんだよ。

どういう事かって、年輩の人はそういう教育を受けてないってことなのでは?
(普段から上座の立場というのもあるかもだが)

 

だから、本来の意味とは相当かけ離れてるのでは?と思う。

明らかに効率が悪いし、不便極まりないでしょう。

 

いずれにしても、ビジネス以外の場では不適切です。

 

善き事、それどころか害毒

そして問題は、「ボタン前を塞ぐ行為=善き事」として勘違いしてる点にあります。

こんなのは善き事でも何でもない。

迷惑行為のスパム。いや、スパムよりも性質が悪い。

スパムならば無視しても良い。しかし「何階ですか?」を邪険に扱うわけにもいかない。適度な礼儀で接してやらないとマズい。

 

というか、他人を自分の独り善がりに巻き込んでるんだよね。

そして微塵たりとも自覚がない。ここが厄介でタチが悪いのです。

 

更には「ありがとうございます」やら「すいません」やら添えざるを得ないしさ。

 感謝だなんてビタイチ思ってないのに。

 

 

このスパム未満野郎が!
オマエのそれは迷惑行為なんだよ!
「何階ですか?」だなんてガタガタ抜かす前にボタン前から掃けやがれ!
 てかサイドに車椅子用のあるし!

 

これが本心です。

こんなのは間違っても口に出せないけど。

 

 

降りる時も同じ

 

 降りる時でも謎マナーがあるみたいです。

 一番最後に出るのがマナーが良いとされる?のかな。

 

そんで、ボタン前の下座で固まってる人もいます。マニュアル通りに。

 

いやいやいや。
どう考えても、ボタン前の人から降りるべきだと思うんだけど・・・

物理的に邪魔でしょ。

しかも、スーツケース添えだと尚更です。

 

結構多いですよね。
特に20代30代のリーマンは。

でも、明らかに誤った方向に進んでると思うんだが・・・

 

 

邪魔なんだよ!ボケが!
なに身を縮めて貢献アピールしてやがんだ!
言っとくけどそれ迷惑行為だから!自覚あんのか?
斜め後ろならまだしも、オマエの真後ろの身だとホント邪魔なんだよ!
 オマエがさっさと降りるのが一番手っ取り早いんだよ!

 

という言葉は胸にしまいつつ、

今日も「あっすいません、どうも。」と会釈しながら立ち去る僕でした。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク