スポンサードリンク

被災者とか自主避難とかオイシすぎでしょ【過保護】

f:id:clock-969-clock:20170407182638p:plain

 

こんにちは、くろっくです。

 今回は、世の中って被災者に甘すぎじゃね?って話。

 

 今村大臣の「自主避難=自己責任」の問題。非常に騒がれてますね。

ところで下のBLOGOSの記事では、やりとりの真相が書かれています。

 

 

blogos.com

政府の避難指示の範囲外から「自主的に」避難した人たちに対して、「6年間」も住宅援助してきたこと自体に驚く人もいるのではないだろうか。

 

驚愕です。今村大臣の判断は極めて妥当でしょう。

これつまり、何割かの「自称被災者」が紛れているって事ですよね。

 いやまあ、国から抜けるんなら抜いたほうが良い。こうに決まってるんだけどさ。

 

確かに「自称被災者」は悪質。

悪質なんだが、根本的な元凶ってそこじゃない気がする。

 

神域と化する被災者

 

 

Twitterでは上のように書いた。

だが考えてみると、そもそもの元凶は被災者という立場が強すぎる点にあるのでは?と思う。

 

というか、社会って被災者にだけは大甘の大甘なんだよね。

 

もう6年以上経ってるんですよ。
なのに、いまだ絶対聖域と君臨し続けている。

絶対に批判してはならない。ケチをつけようならば「不謹慎だ!」の総攻撃。

 

聖域どころか神域です。

 

あえて極論を言うが、

 国から抜いてるのは「自称被災者」も「真正被災者」も一緒!

 

自覚がない。これがマズい。

 まず「自称被災者」に関して。

この人達は、なんだかんだセコイ事してる自覚は持ってると思う。

最低な連中なんだが、考えようによっちゃ賢い。儲け話に敏感というか。

ある意味では有能。自力で稼いだって言い切って良い。

 

問題は「真正被災者」。

こっちは国から抜いてる自覚がまるで無いように見える。

心の底から「自分は弱者だから金を貰って当然だ!」なんて思ってそう。

 

いやいやいやいや。

だって、今までたんまりゼニを貰ったんでしょ?

 

もはや弱者どころかチート級の強者でしょう!

 

特大の経済的恩恵にも触るべき

 というか、何故か「被災者はいくら貰ってるのか?」を誰も追及してないですよね。

 たまに週刊誌に「キャバクラで豪遊」「毎日パチンコ三昧」とか記事が出ます。

けど、基本的にはアンタッチャブル

 

少なくとも、地上波とか大手メディアでの追及というのは無い。

そんな特大の経済的恩恵など最初から存在しないかのように扱われます。

 

しかし、そろそろ具体的な金額を鮮明化すべきではないでしょうか?

 

「 いくら貰ってるか」を明確にすべき

 なんか、義援金とか支援金とか賠償金とか。何種もあるみたいですね。

 とりあえず賠償金は「(1人当たり)月10~12万」。東電が支払うみたい。

 そんで家賃も無料?なのかな・・・

 

てか、この人達って一体いくら貰ってんだ!?

 

非常に気になる。
そろそろ具体的な数字を出すべきだろ。

 それによって、「被災者を今でも保護すべきか?」の答えが変わってくるんですよね。

 

なぜ誰もがここに目をつぶるのか

義援金・支援金・賠償金・公共優遇(家賃など)。

全て合わせていくら貰ってるのか?

例えば、月10~12万と家賃無料が重複したら?
この場合どうなるかも不明瞭。 賠償金の期限も良く分からない。(2018年まで?)
オマケに、義援金と支援金の違いも曖昧。

 

「いまなお被災者の現状は・・・」とか「未だ癒えぬ苦しみは・・・」とか良く聞く。

でもこれを言うんだったらさ、特大の経済的恩恵もセットで語るべきでしょ。

 

 まとめ

 もちろん被災者は辛い思いをしたんだから、保護されて当然ですよ。

 でも、程度ってもんがある。6年経っても家賃無料とか月10万とか過保護すぎだと思います。

 

 どうして具体的な金額をどの大手メディアも追及しないのか。

 「で、いくら貰ったんだ?」と言う事は許されない風潮だからではないでしょうか。

 

被災者にケチをつける事は絶対に許されない。この空気。

 極めて不健康だと思います。

 

被災者に過保護な事そのものが問題というよりかは・・・

神域化していく事に待ったをかける事が許されない雰囲気。

これこそが異常であり、究極的な問題かと思います。